2017年08月15日

72回目の終戦の日 

2017.8.15.JPG
 今日8月15日は、72回目の終戦の日。10時、ふじみ野市委員会前に集合した前原県議とふじみ野市議団の面々は、2台の宣伝カーで市内を回りました。
 私は、床井市議と後援会員Iさんの3人で旧上福岡地域を一回り。終戦の日、恒例の活動ですが、核兵器廃絶署名をしないと言い切り、2020年には憲法に自衛隊を書き込むことで、「軍隊・戦力を持たない」の憲法9条2項を空文化・骨抜きにしようとしている安倍・自公政権の野望を突き崩さなくてはという思いから、「ご近所のみなさん、日本共産党です」の声に、力が入りました。

 午後から、ふじみ野市の昔の地名、福岡村で生まれ育った96歳のフミさんに、戦時中の話を聞きに行きました。
 アジアの人たち2000万人、日本人310万人の命を奪った太平洋戦争。当時の福岡村でも200人を超える人が戦死したと言われています。福岡村の戦争は?と尋ねると、「知らないんだ。あたしは、中国にいたからね」と言いながら、新婚の時に主人と青少年義勇軍として中国・奉天に渡ったこと、昭和20年8月16日、町にロシア兵が侵攻してきたので、女は全員髪を切り男のような身なりで、「いざという時に飲め」と2粒のピンクの玉(青酸カリ)を渡されたことを話してくれました。
 2年半後、引き揚げで下福岡の実家にたどり着いた時、ちょうどお兄さんの戦友が訪ねてきたそうです。中国で戦死したお兄さんの様子を話すその人が持ってきた白い紙に大切にくるまれた入歯を見て、フミさんのお母は「確かに八郎のだ」と言って、お骨の代わりに墓に入れたということです。
 「小さい頃『兄ちゃんのお嫁さんになる』というほど好きだった兄ちゃんを奪った戦争は、二度と嫌だよ」と言って、座敷に飾った軍服姿のお兄さんの遺影を見上げました。

 針仕事が得意で、今でも親戚の子どもの布団を縫うというフミさんは、玄関で靴を履こうとした私に、「いつも届くニュースを見ているよ。私ももう少し頑張るから、足立さんも頑張りなね」と声をかけてくれました。 
posted by 足立しづ子 at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

第9回キャンドル9フェスタ       憲法守れの願いこめ

 準備に4カ月かかった今年のキャンドル9フェスタ。12日、上福岡駅西口・ココネ広場で開催しました。 

 参加した市民の手で並べられた1000個のキャンドルが描く「LOVE 9 PEACE」の文字。
IMG_1400.JPG
IMG_1447.JPG
 「憲法9条を守り続けよう」の願いをこめ、イベント開会。
IMG_1414.JPG
 実行委員長の安部里美さんが開会あいさつ。核兵器禁止条約の国連交渉会議に欠席し、批准もしないと言う日本政府の姿勢に対して、「悪魔の兵器≠ヘ廃棄すべき。戦争で誰一人、命を奪わせないために何をすべきか考えましょう」と訴えました。
IMG_1456.JPG
 沖縄の心を伝える「ピアチェーレ+Kazu」の演奏。

 実行委員会が作成したオリジナル漫画「憲法9条に3項を加えて自衛隊を書き込もうとする安倍政権の狙い」もお披露目。
@.jpgA.jpgB.jpg
C.jpgD.jpgE.jpg
F.JPGG.JPGH.JPG
 9コマ漫画にナレーターとA子とB男が共演。
IMG_1470.JPG
 リレートークでは、市内在住の権田圭助さんが、学徒勤労動員で火薬を作らされたことや、終戦前夜の熊谷空襲の恐ろしい体験を紹介。「安保法制、共謀罪、秘密保護法。国民を戦争に巻き込む道具立てはできあがっている。絶対に憲法9条を改悪させてはなりません」と呼びかけました。孫の手を引く女性や青年も発言しました。

IMG_1545.JPG
IMG_1488.JPG
 「朗読講談」の嫩子(ふたばこ)さんは、講談調で憲法前文と9条を朗読。日本国憲法の成り立ちと変遷を語り、改憲をもくろむ安倍政権をコミカルに批判しました。

落合恵子メッセージ.jpg
 実行委員会が作家の「落合恵子」さんにお願いしたところ、実行委員会に直接電話があり、「共謀罪の強行など、どんなことが起きても、ションボリしちゃダメ。がんばりましょ」と激励していただき、「すべての今ここに在るいのちと、これから誕生するいのちのために平和への祈りと実行をこめて」と、メッセージが寄せられました。

 IMG_1553.JPG
 すっかり暗くなった広場で光るキャンドルライト。
posted by 足立しづ子 at 14:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

ハーティーネット・リーフno.378より

足立の6月議会から
【意見書】「核兵器禁止交渉への政府参加」
      「森友・加計真相解明」自公民が反対
 日本共産党が提案した3件の意見書は、青藍会、公明党などの反対多数で否決になりました。   
 「森友学園・加計学園問題の真相解明を求める」に渡辺大議員(青藍会)は「意見書提出は国会の判断をゆがめる」、「核兵器禁止条約交渉に政府の参加を求める」に伊藤美枝子議員(公明党)は「国家的問題だから」、「原子力機構事故の再発防止」には山田敏夫議員(青藍会)が「調査中だから急かすな」と世論に背を向ける反対討論を行いました。

【足立の一般質問】
◆広域化後も払える国保税に
問=国庫負担が20%台で半分近くに減っているので、国保税額に影響を与えないようにどこの市も財政を投入している。この繰り入れについて県は「広域化後も一律に禁止しない」と言っている。高すぎる国保税にしないように繰り入れの継続を。
答=急激な増加を避けるように、審議会等の意見で税額を決定したい。
◆新ハザードマップと水防計画
問=新マップで被害地域が広がっている。水防計画の見直しを図れ。
答=順次見直す。職員も地域に出向き、一緒に作成する。
問=明治43年の台風は有史以来の大水害を引き起こした。甚大な被害を被った旧上福岡東部地域の教訓を生かせ。
答=記録を参考にしたい。
◆入学準備金の前倒し支給
問=近隣市を参考に新年度に間に合う入学準備金支給を。
答=よりよい制度にするために、検討している。

posted by 足立しづ子 at 13:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月は私にとって81回目の定例市議会 在職20年以上で表彰されました

在職15年、20年バッジ.JPG
 6月議会の開会日に、全国市議会議長会からの在職20年以上の表彰が、議長から伝達されました。
 表彰状とともにいただいた、在職記念バッジは、花びらの中央にスピネルという青い宝石(写真右)がはめ込まれ、台座は通常の議員バッジよりしっかり厚く、重みのある雰囲気です。写真左は、在職15年以上の時にいただいた、赤いルビーがはめ込まれたバッジです。
 1997年3月に市民の皆さんのご支援で市議会に送っていただき、今回の議会で81回目になりました。それぞれの議案審議や一般質問で市民のみなさんの思いをしっかり市政に届けられるように、万全の体調で臨んでいます。
 議員バッジは議員であることを証明するものですが、私は市民のみなさんの声が詰まったものだとおもっています。これからも、議員バッジから聞こえるみなさんの声を聴きながら、暮らし第一の市政実現に力を尽くしていきたいと思います。 
posted by 足立しづ子 at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

曇天にも鮮やかなキクイモモドキ

DSC_7320.JPG
 久々に「ハーティーネット・リーフ」を発行しました。
 1ページ目は、ほど毎回違う花で、楽しみにしてくださる方もいらっしゃいます。
 今回のNO.378は、キクイモモドキでした。
 駐車場の脇に、鮮やかな黄色で、マーガレットに似た花が咲いていました。曇天でも目を惹く黄色に、名前を知りたくなりました。調べてみると、キクイモモドキ。
 キク科キクイモモドキ(ヘリオプシス)属で、北アメリカ原産の多年草。明治時代の中頃渡来し、葉は対生(左右対称)に伸びています。
 本家のキクイモはキク科ヒマワリ属の多年草。日本には江戸時代末期に飼料用作物として伝来。第二次世界大戦中に加工用や食用として栽培されたものが野生化したものもあり、丈は1.5〜3mに。一方、キクイモモドキの丈は、1〜1.5m位。花はキクイモに似ているものの、地下茎が短く塊茎をつくらないので、「モドキ:擬き」というようです。
posted by 足立しづ子 at 11:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする