2018年04月14日

産直野菜で2品

20180414082128656.jpg 20180414092835477.jpg

昨日は(金)で産直ボックスが届く日。(土)の今朝、箱を覗いて、家族のリクエストに応え、2品を作ってみました。

小松菜とシメジのからし和え、鮭とばを使った大根サラダの2品。
我が家の箸置きコレクションから、小ナスの箸置きも添えました。

ちなみに、鮭とばは、秋鮭を半身におろして皮付きのまま縦に細く切り、海水で洗って潮風に当てて干したもの。「とば」は漢字で冬葉と書き、冬の北海道・東北地方の風物詩だと教えてくれた親戚からの到来もの。そういわれると季節外れの感も否めませんが、サラダの味は好評でした。
posted by 足立しづ子 at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

花の木中学校133名の巣立ち

3月15日、地域にある花の木中学校の卒業式に参加しました。
3年間の思いを胸い、卒業生から先生方や在校生に送る卒業生133名の合唱は、「大地讃頌」

20180316_083017 (1).jpg
大地を愛せよ 大地に生きる
人の子ら 人の子その立つ土に感謝せよ
※人の子ら 人の子ら 人の子ら 土に感謝せよ

平和な大地を 静かな大地を
大地を誉めよ 頌えよ 土を
恩寵の豊かな 豊かな 大地 大地 大地
※我ら人の子の 我ら人の子の 大地を誉めよ

頌えよ 頌えよ 土を
※誉めよ 頌えよ

母なる大地を 母なる大地を 頌えよ 誉めよ 頌えよ 土を
母なる大地を ああ 頌えよ大地を ああ

20180316_083000 (1).jpg
在校生も、先輩たちと過ごした学校生活の折々のシーンを大事にしていく思いを込めた歌声が、力強く響き渡りました。

夕方、青年劇場の舞台を観に行きました。
DSC_9109.JPG
作品は「きみはいくさに征ったけれど」。いじめに遭い悩む青年と、戦場でも、明るく、常に自由を求める詩を作っていた23歳の若さで戦死した青年の時空を超えた交流の話です。
昼間の卒業式で「厳粛な式が滞りなく行われ」という挨拶とともに、壇上に上がる先生や来賓が、舞台正面の国旗・日の丸に深々と礼をする姿を思い出し、作品の青年が70年後の日本の卒業式を観たら、どんな詩を作るだろうと思いました。

posted by 足立しづ子 at 12:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

トマトベリーは初対面

産直ボックスに入っていたトマトベリーは、イチゴのようなかわいいハート型をした直径約三センチのミニトマト。

一つ摘まみながら調べてみると…

「糖度は通常のトマトの約六度に対し、九度から十度以上とスイカ並みの甘さ。トマト特有の苦味や臭さがなく、甘味と酸味のバランスが絶妙。ビタミンA、ビタミンC、強い抗酸化作用を持つリコピンが豊富に含まれている」

へえ〜
味も形も栄養価もバッチリね。

トリビア気分で、何の付け合わせに使おうかと考えながら、また一つと手が伸びて、残りわずかに。

食卓用は、次回の配達に期待しましょう。

  • 20180225080825218.jpg
posted by 足立しづ子 at 08:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

思いこもった署名546筆とともに 滝・中丸の浸水対策で市と懇談

20180221申し入れ写真.jpg

   昨年10月末の21号台風で被害を受けた方々の相談に乗り、「滝・中丸地域に安心して住み続けるための雨水対策を求める」要望署名集めに協力しました。

 21日は、署名の呼びかけ人の方々が署名を提出し市と懇談するということで、足立も同行しました。
 高畑市長あての要望書でしたが、懇談では、永田副市長、桜井都市整備部長、原田総務部長が対応しました。
 住民の代表が、遊水池の設置、新河岸川の浚渫と排水規制の緩和を県に求めてほしいなどを要望し、「被害地域の者だけでなく、上ノ原、西原、長宮など、滝ゲートポンプから新河岸川に雨水が流れていく地域の方々も対策を望み、署名しています」と訴えました。これに対し、永田副市長は「みなさんの要望はその通りなので、受け止めていきたい」と答えました。
 また桜井都市整備部長は、今後も行えることとして、各戸での雨水浸透枡設置の県事業や開発地域に浸透トレンチ設置の指導などを説明し、「周知に力を入れて効果を出したい。命を守る段取りを市が行うという点を良く考えたい」と話しました。

 ふじみ野市では、21号台風により、滝・中丸の他に、元福岡と水宮が被害を受けました。どこでも、再びあのような事態にならないようにと、市の浸水対策を求めています。

 市との懇談に同席し、市民の方々が願う安心して住み続けるための浸水対策が実現するように働かなくてはと、強く思ったところです。
posted by 足立しづ子 at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

俳写倶楽部の展覧会 23日まで

 ふじみ野市役所ロビーの俳写倶楽部の展示会をのぞいてみました。
 気に入った作品に見入っていると、製作者の方もお気に入りとのことで、写真を撮らせていただきました。
DSC_9014.JPG
平林寺「秋風に触るる読経のかすかなる」 

DSC_9015.JPG
工事現場の壁画「存えてかつての恋や秋募る」

これは、別の方の作品
DSC_9013.JPG
「核の傘 本当に守ってくれるのか」

さらに別の方の作品
DSC_9012.JPG
「この子らに 戦はさせじ 梅雨晴れ間」

平和でこそ、写真も俳句も楽しめるというものです。
今日、市議会議長あてに、市民団体から、請願「憲法9条を生かしての意見書を提出して」が提出されました。
だれもが願う「戦争は嫌」の思いを、形にできるように、働きます。
posted by 足立しづ子 at 14:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする