2020年07月01日

ノウゼンカズラ(凌霄花)

DSC_1360.JPG
 鮮やかなオレンジ色の花が、庭先のフェンスを覆っているお宅も目に付くこの頃です。蔓がどんどん伸びて増える中国原産のノウゼンカズラは、9世紀頃に渡来したと言われています。
 和名の「凌霄花(ノウゼンカズラ)」は、漢名「凌霄花」の音読み「りょうしょう」が転じて「のうぜん」になったとも。「霄」は「大空」を意味し、蔓が木にまといつき空に向かって高く咲く姿を表しているそうで、納得です。
 英語では、花の形がラッパに似ていることから「トランペットヴァイン(Trumpet vine)」や「トランペットクリーパー(Trumpet creeper)」と呼ばれます。
       (ハーティーネットno.710より)


posted by 足立しづ子 at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする