2020年12月20日

蕾が可愛いオキザリス・バーシーカラー

 ご近所の庭先にオキザリスが咲きました。カタバミ(片喰)の仲間のオキザリスは、世界中に800〜850種が分布し、日本では、山奥にミヤマカタバミなど6種が自生、7種の外来種が帰化植物になっているとか。
 花の表が白く裏は赤いご近所のオキザリスは、蕾がパラソルを閉じたときのようにねじれた形になる「オキザリス・バーシーカラー」と呼ばれるものです。
 オキザリスの花言葉は、その花の強健な性質、抜いてもまた生えてくるというイメージから、「けっしてあなたを捨てません」、「輝く心」だそうです。
 コロナ禍で求められる「誰一人見捨てない政治」に、通じる気がします。


posted by 足立しづ子 at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。