2021年02月24日

濃い色の紅梅は鹿児島紅(かごしまこう)

 梅といえば、梅一輪 一輪ほどの暖かさ 松尾芭蕉
ヒンヤリとした空気の中に凛と咲く花を思い浮かべますが、温暖化の今年は早くから咲きだしたようです。福岡中央公園で、「鹿児島紅(かごしまこう)」のプレートを付けた紅梅を見つけました。
 中国原産、朝鮮半島を経由して日本に渡ってきた梅は、『万葉集』に100首を超える歌が詠まれていることから、奈良時代には栽培されていたことが分かります。
 白梅、紅梅はそれぞれ多種あるようです。八重寒紅(やえかんこう)はマゼンタピンクの八重咲、楠玉(くすだま)は花びらが重なりボリュームのある優しいピンク色、八重旭(やえあさひ)は、丸みを帯びた淡いピンク色。深紅に近い紅梅は鹿児島紅(かごしまこう)です。



posted by 足立しづ子 at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。