2022年01月24日

ツルウメモドキの実?

PXL_20220110_025525654.MP.jpg
 開発予定地に残った一本の樹木に生った赤い実が気になり、名前を探して一週間。知人に聞いて、ツルウメモドキ(蔓梅擬)と知りました。聞いたことはあったものの、見るのは初めてなので、調べてみました。
ツルウメモドキは他の木に絡まり、その先に実を付ける日本原産のつる植物。花期は5月、果期は10月〜12月だそうです。
 花の後に球形の実がつき、秋には黄色に熟します。私の目を惹いた色と形は、実の果皮が裂けて赤い仮種皮が現れた時だったというわけです。赤い実と思ったものはタネだったんですね。
 花言葉は「大器晩成」や「真実」「強運」と、縁起がいいものが多いようです。


posted by 足立しづ子 at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。