2022年04月02日

さぎの森小学校交差点交通安全対策を求めてます ガードパイプ改善など

PXL_20210330_033134620.MP.jpg
 さぎの森小学校交差点には毎朝、集団で登校する子ども達が、青信号に変わるのを待っています。鷺ノ森陸橋から下りてくる車両が交差点を通過するため、万が一のことを考えると、交差点角(写真左)には、子ども達を守る頑強なガードパイプ(写真下)が必要です。
PXL_20210330_032047666.jpg 
 日本共産党は、2021年度などの予算要望の項目に加え、担当の県土整備事務所に申し入れています。
 県道に関することですが、市道と交差しているため、効果を上げるために、どのような種類のガードパイプを採用するのがいいのか、道路管理者の市役所担当課とも相談しました(写真下)。
DSCN9783.JPG

 渋滞解消には徹底した対応を  

 さぎの森小学校交差点は、県道・東大久保ふじみ野線と市道が交差しています。ヤオコー駒林店方面から来る車両、ららぽーと(富士見市)方面から側道に入り、県道に合流する車両などにより渋滞することから、鷺の森陸橋から降りてくる車両が市道に右折できない状況が発生しています。交差点改善を求める住民の方々の訴えを聞いた前原かづえ県議は、同行した足立とともに現地を調査し、県警に申し入れました。  
 PXL_20220129_025818601.MP.jpg
 県警は、2021年12月、青信号点灯時間を10秒延長したといいますが、問題は解決していません。
 前原県議は県警に対し、延長効果の検証を要請し、検証時の住民参加も求めました。  
 かつて、花の木中学交差点の右左折時の安全対策が求められたとき、足立は議会で何度も取り上げた経験があります。当初、県警は青信号機点灯時間を10秒(車両6台ほどが右左折可能)延ばし、その後、右折帯を設置しました。今回も徹底した対応を期待するところです。


posted by 足立しづ子 at 11:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。