2022年04月02日

ツメレンゲ 名前がやっとわかりました

1641463260753.jpg 【ペーパーハーティーネットNO.483で紹介】
 知人宅で見かけたツメレンゲを調べてみました。  
 日本の在来種で、暖地の岩の上や屋根の上などに自生していることが多い多肉植物です。プリッとした葉はバラの花のようなロゼット状につくのが特徴。  
 ツメレンゲの名前の由来は、獣の爪に似た細く尖った多数の葉が重なり合った姿 をレンゲ(蓮華)にたとえたものと言われています。  
 花は3年に一度しか咲かないようです。10-11月に伸長したロゼットの中央軸が伸び上がり、高さ10〜30cmの花穂を塔状に立て、多数の花が円錐状に群生しています。白色の5枚の花弁に赤い葯が映え、下から順に咲いていくということです。


posted by 足立しづ子 at 14:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。