2019年09月20日

観劇はじまる

DSC_1052.JPG
仕事の大山を越え、今夜は楽しみにしていた観劇。
間もなく青年劇場「もう一人のヒト」の開演です。
posted by 足立しづ子 at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観劇はじまる

DSC_1052.JPG
仕事の大山を越え、今夜は楽しみにしていた観劇。
間もなく青年劇場「もう一人のヒト」の開演です。
posted by 足立しづ子 at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

台風15号 避難準備が発令されました

 夕方、スマホに災害緊急メールが届きました。
 滝・中丸、水宮に「避難準備」が発令されたとのことで、地域を回ってみました。
 お声をかけると、「夫にメールが鳴ってると言われ見てみると、災害メールだった。川沿いなので水没しないように車を高いところに移動させた」「テレビで、俺の住んでるところが避難準備地域だとわかった。防災無線?窓を閉めてるから聞こえないし、広報カーがきたようだけど何言ってるかわからなかった」「車を高いところに移動させたほうがいいですよって、市の人が声かけてくれたけど、ここから市役所の駐車場までもっていくのは遠くて。どこに移動させよう」など、いろいろな不安が寄せられました。
 福岡江川が新河岸川に合流する樋門の仮設ポンプは準備され、これまでのビニール製大型ホースは破れたこともあったため、今回から常設パイプになり、福岡江川が増水した場合、水位の高い新河岸川にポンプで排水できるようになっていることなど、明るいうちに確認したことなどをお伝えしました。
 被害が出ないように祈るばかりです。

 夕方、樋門を調べに行った時、ふじみ野市・三芳町環境センター第2駐車場前のカーブミラーの向きが曲がっているようなので、担当課に調べてもらおうと思います。
posted by 足立しづ子 at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

県土整備事務所予算要望に向けて市議団で現地調査

IMG_4203.JPG
 毎年行っている県土整備事務所での予算要望を前に、7月27日、ふじみ野市議団は現地調査を行い、市内の県道と国道、新河岸川・砂川堀・江川などの現地調査(写真)を行いました。
 歩道の拡幅整備、交差点の安全対策、雨水浸水対策、踏切の事故防止、バリアフリーの課題などについて、市民から出されている要望や意見を踏まえてきめ細かに確認して回りました。
 足立は、さぎの森小学校前交差点は右左折が多いことから、衝突による車の児童集団への飛び込み事故を未然に防止するための防護柵設置の必要性を再認識しました。これは、6月議会で取り上げた際に、執行部は「必要なら県に要請する」と答弁していることから、足立としても、県土整備事務所で現状の危険性を説明し、防護柵設置を強く求めたいと思います。
posted by 足立しづ子 at 00:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

大井プール事故から13年   あの日を風化させてはなりません

IMG_4212.JPG
 7月31日、ふじみ野市議団は、2006年に起きた大井プール事故現場を訪れ、亡くなった女子児童の冥福を祈り(写真)、献花を行いました。献花のために花を買った花屋さんのスタッフの方も、「事故の時は練馬区に住んでいました。大変な事故で、今も忘れられませんよ」と話してくれました。
 ふじみ野市では、事故をきっかけに毎年7月25日から31日までを公共施設安全点検期間として、市内全施設の点検を実施、結果や対策を市議会にも報告しています。
  事故の原因は、施設の維持管理・運営を民間業者に丸投げしていたことにもあり、「ズサンの連鎖」と厳しく指摘されました。事故を二度と起こさないと誓ったふじみ野市ですが、現在の市政運営は、「受益者負担」の原則を徹底し、「コスト最優先」の行政経営を行っています。公共施設などの行き過ぎた民営化によって、現場で働く労働者の賃金のピンハネや、施設の管理不全など、行政当局が把握できない事象が起こる危険性も否定はできません。
 市の姿勢として、事故そのものを絶対に風化させてなりません。献花台で手を合わせ、事故の教訓を後世に継承していく努力が必要だと切に思いました。
posted by 足立しづ子 at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする