2022年01月24日

ツルウメモドキの実?

PXL_20220110_025525654.MP.jpg
 開発予定地に残った一本の樹木に生った赤い実が気になり、名前を探して一週間。知人に聞いて、ツルウメモドキ(蔓梅擬)と知りました。聞いたことはあったものの、見るのは初めてなので、調べてみました。
ツルウメモドキは他の木に絡まり、その先に実を付ける日本原産のつる植物。花期は5月、果期は10月〜12月だそうです。
 花の後に球形の実がつき、秋には黄色に熟します。私の目を惹いた色と形は、実の果皮が裂けて赤い仮種皮が現れた時だったというわけです。赤い実と思ったものはタネだったんですね。
 花言葉は「大器晩成」や「真実」「強運」と、縁起がいいものが多いようです。


posted by 足立しづ子 at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キット不足で PCR検査受けられず

FB_IMG_1641962946692.jpg
 埼玉県では12月28日から、発熱など新型コロナ感染症状がなくても不安を感じる県民を対象に、薬局などで無料検査を開始しました。
 12日、大井総合支所隣のウエルシアで検査を希望した女性は、検査キットがないので」と断られました。従業員によれば、「予約は出来ず。来店し先着順で」とのこと。因みに11日に検査を受けられたのは7人で、今後の入荷は不明です。

  キット不足の事態打開を 
        県議団緊急要請

オミクロン株の急拡大に、党県議団として緊急要望(写真)を行いました。要望項目は、
@ワクチンの追加接種を急ぐこと。
A薬局での無料検査を受けられない事態の打開(キット不足解消。 メールアドレスなどが無くても 受けられようにすること)
B高齢者障害者施設での定期検査の復活
C保健所の体制強化、宿泊療養施設の拡充など。
仲山良二保健医療副部長(写真中央)が対応しました。

   無料化という岸田首相 
      「供給は県に聞け」

日本共産党参院議員・小池晃事務所は、7日、検査キットの供給状況を担当の内閣官房に問い合わせると、「実施主体は都道府県。国としては(検査キット)供給状況を把握する予定はない」と回答。状況把握をしないのは無責任です。国・県が責任を持つように求めましょう。
posted by 足立しづ子 at 08:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリカの花に ほっこり気分

PXL_20220111_230520020.MP.jpg
 早春の庭先に植えたエリカの赤い花を見ると、ほっこりした気分になります。
 調べてみると、エリカは、ツツジ科エリカ属の総称。700種以上が南アフリカと一部ヨーロッパを中心に土壌の悪い荒地で自生する常緑性の強健種、別名は「ヒース」。小説「嵐が丘」の舞台となった荒野にも咲き広がっていたのでしょう。
 日本では、秋から春の花の少ない季節に花壇を賑わせてくれる貴重な植物。花色はピンク、白、黄色、赤と豊富で、スズランのような咲き方から、ラッパのように突き出すような咲き方のものまでいろいろです。
(ハーティーネットNO.480より)
posted by 足立しづ子 at 08:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月09日

川面にモヤが漂う早朝でした

PXL_20220108_215149205.MP.jpg
今年最初の新聞配達。
早朝、伊佐島橋付近の川面からモヤが立っていました。水温のほうが高いのでしょう。

途中で、先週起きた火災現場を通りました。被災されたご家族がいつもの生活に戻れるようにお手伝いできることは何だろうと考えました。
posted by 足立しづ子 at 07:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月22日

12月議会 足立の一般質問から

総選挙、市長選挙、市議補欠選挙を通して見えた住民のみなさんの暮らしの視点でのテーマを、ふじみ野市政に引き寄せて一般質問を行いました。

1.市職員における女性管理職の比率向上

Q=法も条例も政策決定の場に女性参画を求めている。都市政策部0%などの偏りを改善し、女性管理職の比率向上を。
A=副課長以上の女性管理職を令和6年までに25%以上と設定した。最新実績は19.4%。本人の希望と所管のバランスを考えたい。

2.少人数学級の前倒し実施

Q=ふじみ野市の子どもたちに同時に、ゆきとどいた教育環境をプレゼントするため、35人学級の前倒し実施を。
A=国が責任を持って進めるものと考える。

3.大腸がん、肺がん検診の無料化

Q=市の資料でも、健診未受診より受診者のほうが1人当たりの医療費が低い。無料化でがん検診受診促進を。
A=検診は2市1町と東入間医師会で行っているため、単独での無料化は難しい。

4.参政権を保障する選挙事務の在り方

Q=選挙事務従事者の研修は、参政権の意義を習得できる内容で徹底を。
A=有権者の貴重な権利であることを承知してもらい、実務を行えるようにする。
posted by 足立しづ子 at 09:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする