2020年06月18日

柏葉紫陽花が見事です

DSC_1250.JPG
 近所の庭に、山盛りソフトクリームのような花が咲いていました。聞けば、挿し木が根付き、8 年でご覧の通りに成長したカシワバアジサイとのこと。北アメリカ東部原産で、切れ込みがある葉が柏に似ていることからの和名のようです。(分かり易い!)
 教えてくれたKさん宅のカシワバアジサイは、隣家の土にも合ったようで、挿し木で見事に育っていました。(ペーパー・ハーティーネットNo.406より)
posted by 足立しづ子 at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年間の草刈り予算は埼玉県で1.5回分、ふじみ野市では2回分 草の伸びに追いつかず

DSC_1150.JPG
 5月中旬に「新河岸川土手の草刈りを」という要望が寄せられました。新河岸川土手の管理は埼玉県の管轄であることから、前原県議が県担当に要請したところ「場所が確認できる資料を」との回答に、足立は地図を作成し、前原県議に託しました。
  26日、前原県議に対して「発注したので、6月中旬から順次行う」と県から回答がありました。
 6月中旬、草刈り作業が完了。
DSC_1332.JPG
 写真のようにスッキリした。ウォーキングする市民の方々から感謝の声が寄せられています。前原県議は「年間1.5回分の予算なので、健康と安全確保の視点で枠を増やすように議会で提案したい」と語っています。
posted by 足立しづ子 at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

繁殖力は強いのにナヨクサフジ(弱草藤)

DSC_1138.JPG
  5月末頃は、コロナ自粛で万歩計の数字も上がらない日々。新河岸川の土手にウォーキングに出かけ、草むらの中に赤紫の一群を見つけました。   春から夏にかけて河原や土手などに群生し、房状に紫色の花をつけるナヨクサフジだそうです。ヨーロッパ原産の帰化植物で、飼料用や緑肥用として導入されたものがあまり利用されなくなり、野生化していると詳しい方に聞きました。
 在来種のクサフジ(草藤)に比べるとナヨクサフジの花筒部は花の2倍になっています。藤の花に似ていることから「草藤」と呼ばれる在来種に似ているとはいえ、繁殖力が強いのに「弱草藤(ナヨクサフジ)」という名はどんな経過だったのでしょうか。(ペーパー・ハーティーネットNo.405より)
posted by 足立しづ子 at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

自民党の中谷元・元防衛相も知らなかった 黒川検事長定年延長の閣議決定

DSC_1095.JPG
5/19しんぶん赤旗日刊紙の2ページ左下に出ていた記事。黒川検事長の定年延長を違法な法解釈で決めた閣議決定
について、自民党の中谷元・元防衛相がインターネット番組、「まったく事前に自民党与党にも相談なく、突然閣議で決まりましたということについてビックリした」と発言したというもの。
     赤旗に小さな記事が掲載されると、間もなく大手紙面に大きく掲載されるというのが、この間の傾向です。
posted by 足立しづ子 at 13:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

GWの連休は細切れです

私の連休は細切れです。
5月2日はお休み。富士見市にある難波田城址まで新河岸川の土手を歩きました。
土手を横切る車道で見かけた注意看板。ドライバーの注意をひくのか、自転車・子どもの注意をひきやすいのか、製作者の狙いは?
相談が寄せられている事故防止問題。休みでも注意喚起看板が気になります。

たどり着い城址では蓮の花が盛り。

5月3日は仕事で、憲法記念日のスタンディングに参加。今日は6024歩。
上福岡駅西口組は伊藤議員、ふじみ野東口は足立が準備しました。

5月5日は半日の原稿づくりのあと、難波田城址までウォーキング。旧大沢家の庭先の藤棚の間から見える青空を鯉が泳いでいました。
posted by 足立しづ子 at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする