2019年03月15日

今年も放射線量測定しました

DSC_0369.JPG
 3/11、南後援会が恒例で行う放射線量測定に参加(写真)しました。
 場所は南台・あすなろ公園。 基準以下ではあるものの、滑り台下など、子どもが遊ぶところや植え込みの数値は、今年も高めでした。
 3/13深夜、ETV特集【再放送】「医師たちの原発事故▽除染か避難か」を観ました。  福島県立医科大学病院での、原発事故発生直後から患者、被災者への対応、避難させた先で亡くなる患者。原発事故による経験したことのない医療現場の現実。福島第一原発事故から8年。3・11のニュースはいろいろ観ましたが、こういう現実を知ると、原発再稼働なんて言えないはずです。当時、「原発と人間は共存できない」という言葉を初めてききましたが、まさにその通り。今だに、安全神話に取り込まれ、原発を海外に売りにいく政権は、退陣しかないですよ。
posted by 足立しづ子 at 04:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月議会から  消費税増税問題 なぜ嫌がるの?          自民・公明・無所属さん

 総括質疑で日本共産党が消費税増税について市長の見解を問う質問を始めると、他の会派の議員が「国の問題は関係ない」と酷いヤジで妨害しました。
 議会最終日、「消費税10%への増税中止を求める意見書」を政府に出そうと日本共産党が提案すると、自民・公明・無所属の議員が討論もせず反対し、否決になりました。
 意見書に反対した議員は以下の通り。(敬称略 議席順)     
    青藍会=加藤恵一、渡辺大、小林憲人、山田敏夫、大築守、小高時男
    信政会=谷新一、鈴木啓太郎、西和彦、有山茂、
    公明党=川畑京子、島田和泉、伊藤美枝子
    無所属=民部佳代
      ※堀口修一(公明党)は議長のため、裁決に加わらず

   地方議会は住民の声を聴き、代弁するもの

 意見書と言えば、2017年12月、自民党が過半数を占める埼玉県議会は「原発再稼働を求める意見書」を採択し、県民ばかりでなく県外からも抗議の声が巻き起こりました。主権者である国民の声を代弁できる地方議会がこんな有様では、私たちの暮らしは守れません。
 県議会、市議会を傍聴していた方々は、「統一地方選挙、参議院選挙は、まともな政治を取り戻せるチャンス。どの党、議員がどんな仕事をしてきたか、しっかりチェックして選びたい」と異口同音におっしゃっていました。
posted by 足立しづ子 at 03:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

枝垂れ梅 花言葉「忠実」の由来は


DSC_0344.JPG
  鶴ケ舞で、たくさんの濃桃色の八重の花が盛りの華やかな樹を見つけました。
  枝垂れ桜かと思ったものの、季節が早いので調べてみると、中国原産、バラ科サクラ属の枝垂れ梅でした。
 梅は中国に自生していた植物で、奈良時代より前に朝鮮半島を経由して日本へ渡ってきたということです。枝垂れ梅は、梅の中でも花を観賞するために栽培される「花ウメ」の一種とか。
 花言葉は、『高潔』『忠実』『忍耐』。学問の神様として知られる菅原道真が、九州の太宰府に左遷されたとき、大切に育てていた梅の木が飛んできたという伝説が残されていて、これにちなんで、「忠実」という花言葉が付けられということですが…。
posted by 足立しづ子 at 03:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

紙のストロー初体験

DSC_0348_TRIPART.JPG
仕事の合間にフードコートで一休み。
セットで頼んだドリンクに付いてきたストローは、紙製。

マイクロプラスチックの海洋汚染の問題から紙製品に変える話を耳にしてしばらく経ちますが、使ったのは初めて。環境に良いことした気分になりました。
ドリンクの容器は紙製ですが、蓋はプラマーク。蓋が紙製になるのはいつでしょうね。
posted by 足立しづ子 at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

キミノセンリョウ

DSC_0241.JPG
    挨拶で訪ねたお宅の玄関先で見つけた黄色い実。ハーティーネットの題材に使えそうだと調べてみると、キミノセンリョウのようです。
    お正月に飾るおめでたいセンリョウは赤い実とばかり思っていたので、ハーティネットの植物の種類が増えて嬉しい。
posted by 足立しづ子 at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする