2021年04月22日

日本桜草を知りました

 葉はサクラソウのようですがチョッと違う形の花を見かけました。育てているご近所の方が、見慣れているのは西洋桜草、これは日本桜草と教えてくれました。
 日本各地の河川敷や湿原に自生(野生化)していた日本桜草は、江戸時代に園芸植物として武士の間でも人気が高まり、競って品種が器量がなされたとか。「日本サクラソウ会」の認定品種は300種余り、他にも多くの品種が存在するようです。切れ込みの入った花弁がトンボのような「白蜻蛉」「紅蜻蛉」、花びらが雪の結晶みたいな「北斗星」などそれぞれ個性的な名前がついているそうですが、このお宅の花名はわかりませんでした。
 代わりにこの歌を
「我が国は
  草も桜が 咲きにけり」
      小林一茶


posted by 足立しづ子 at 09:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月10日

役所は「困ったときに役に立つ所」!

19698.png
新座市の取り組みです。
ふじみ野市でも取り組んでほしいものです。
posted by 足立しづ子 at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緑の桜・御衣黄桜(ぎょいこうざくら)


 ソメイヨシノは盛りを過ぎ、ピンクの花びらが散り始めています。一方、珍しい緑の桜が咲き始めました。ペーパー・ハーティーネットaD448で紹介した御衣黄桜(ぎょいこうさくら)です。
 サトザクラの品種の一つで、開花したばかりの花は淡い緑色、そのあと黄色に変化し、花びらの中心は赤く染まります。江戸時代に、港との仁和寺で栽培されたのが始まりだそうです。緑色の花びらが、平安時代の貴族の衣服「御衣(ぎょい)」の「萌黄色(もえぎいろ)」に近いことから、この名「御衣黄桜(ぎょいこうざくら)」と呼ばれるようになったようです。
 花見もできないコロナ禍、一日も早い収束を願ものです。

posted by 足立しづ子 at 13:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月04日

九条壊すな戦争させない! 7区・8区でもオール埼玉 

PXL_20210404_045837162.MP.jpg

 ふじみ野駅西口で50人が集まり、スタンディングとスピーチで、九条壊すな戦争させない!の思いを広げました。


 後援団体の埼玉弁護士会の代表は、「戦争は一人ひとりを認めない。戦争に依って自由を制限させてはならならない。オール埼玉総行動にご理解とご支援を」、埼労連の代表は、「連合埼玉も一緒に後援団体を担っている。全国でも珍しい幅広い連帯は、さらに進化している。

憲法を敵視し、コロナ対策をやらない菅自公政権に退陣を」とスピーチ。


 野党の代表もそれぞれスピーチ。前原県議は、「消費税で社会保障を賄おうとするのは、日本位なもの。税の公平は、世代間ではなく、持てる者と持たざる者の公平性、累進課税でこそと呼びかけ、今を戦前にさせてはいならない」と決意を述べました。

 地域から、「軍事費は年々増大。紛争は話し合いで解決を」(年金者組合)、「核兵器禁止条約発効の22日に、条約に賛成する政府をつくる署名行動に続けている」のスピーチが続きました。

 

 通りすがった知人から「他の駅でもやってた。頑張るね」と、足立も応援されました。

posted by 足立しづ子 at 17:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日